mdiapper=mdiapp専用のバージョンアップ・確認ツールを公開!

おすすめ記事

おすすめ記事
 
mdiapperを使えば、即座に更新を把握できます。

みなさんこんにちは。mdiapp+(解説)使ってますか? このmdiapp+の利点と言えば、以下の記事でも紹介している通り、バージョンアップが頻繁な事です。ですので、バージョンアップに対応していくことが必要です。

mdiappを使う際に気を付けること!ワコム製ペンタブを使うかたは必須!
mdiapp+とワコム製ペンタブを組み合わせてつかう際のちょっとしたコツを解説します!

そこで、mdiapp+を簡単にバージョンアップするために、支援ツールをつくりました。

その名も、mdiapperです!(安直過ぎ…笑)。

new ver0.0.2登場! 再ダウンロードお願いします。

更新履歴:
2017/10/03
mdiapp+最新版のver1.5.31が正しくダウンロード
できない不具合発生中。2017/10/07中に対処予定です。
お手数をかけますが、それまでは手動でダウンロードしてください。

2017/09/21 ダウンロード方式を変更。
2017/09/19 ver0.0.2 バグフィックス。new
2017/09/16 ver0.0.1 初公開。

概要

mdiapperは、mdiapp+を最新版へバージョンアップするための支援ツールです。その際、mdiapp開発報告所(Site)へアクセスし、解析して表示します。

ダウンロード

以下のリンクをクリックしてダウンロードしてください。

mdiapper

mdiapperは、mdiapp解説)のバージョンアップを検出し、更新を支援するツールです。
無料でお使いいただけますが、自己責任でご使用ください。

※ ver0.0.2: ダウンロードと展開先が異なるとエラーが起こる問題を修正。

使用方法

起動すると、まず新しいバージョンがあるか調べます。その結果を即座にメッセージとして表示します。

mdiapperを使えば、即座に更新を把握できます。
mdiapperを使えば、即座に更新を把握できます。

mdiapperを使えば、即座に更新を把握できます。

また初回起動時は以下の設定を行う必要があります。

  1. ダウンロード先(ZIPファイルを保存する場所)
  2. 解凍及び保管先(mdiappを解凍する場所)
  3. 固定ファイル名(mdiappのファイル名)
  4. 使用タイプ(OSや目的によって選択)

mdiapperの起動画面。初回起動時に設定欄の内容を設定してください。
mdiapperの起動画面。初回起動時に設定欄の内容を設定してください。

mdiapperの起動画面。初回起動時に設定欄の内容を設定してください。

「更新」ボタンを押すと確認メッセージが出ますので、「はい」ボタンを押して更新してください。

mdiapperは数回ボタンをクリックするだけでバージョンアップできます。
mdiapperは数回ボタンをクリックするだけでバージョンアップできます。

mdiapperは数回ボタンをクリックするだけでバージョンアップできます。

また、各バージョン毎の更新内容を確認するには、知りたいバージョンをダブルクリックしてください。
該当する公式サイトの内容を表示します。

動作環境

Windows 7、Windows10での動作を確認しています。

また「.Net Framework 4.0」以降のランタイムが必要です。

Download Microsoft .NET Framework 4 (スタンドアロンのインストーラー) from Official Microsoft Download Center

使用ライブラリ

Zipファイルの解凍に「DotNetZip ver 1.9」を使用し、DLLを同梱しています。

Ver0.0.2で発生しているバグについて

このソフトは、省力化(というなのいい加減さ)で開発しているため、同種の不具合が発生する恐れがあります。

気軽にコメント欄で報告指定いただけると幸いです。

※ Twitterだと反応が遅くなるため

最後に

このツールを使うことで、mdiapp+を簡単にバージョンアップできます。また、公式サイトへ負荷をかけないよう、無駄な通信が起こらないよう配慮しています。

このツールが皆様のお役にたてば幸いです。