直線をスムーズに描けるSDLを公開!

おすすめ記事

おすすめ記事
 

みなさんこんにちは! ガノー(Ganohr)です! (≧▽≦)

私はどうも絵が下手で、線を描いてもくねくね曲がってしまうんです。

だからといって直線スナップを使ったりするのは面倒ですし、SHIFTキーを押して直線を引くとペンタッチが出ません。

あーもう、どうしよう!

ということで、この面倒を解決すべく開発した、

Speedy Drawing Liner

を紹介します!

※ このペンはアルペンを購入することで入手できます。

↓ 有料版アルペンは漫画描きに最適です! ↓

【マンガ制作】フキダシに尻尾を簡単に追加する!アルペン有料版・無料版はメディバンペイント・JUMPペイント・mdiapp+などで動作します。|Ganohr(ガノー・目と耳)|note
更新履歴 2017/09/05 有料版を大幅アップデート! new!! 2017/07/19 有料版丸シッポ版を大幅アップデート! 2017/06/29 有料版使用例1点追加 2017/06/28 有料版使用例1点追加 2017/06/27 初版 概 要 マンガ制作ソフトには、多種多様...
更新履歴
2018/01/05 SDL Ver 0.0.2を追加! New!!
2017/12/28 公開方法を変更
2017/12/25 公開

使い方

使い方は、動画レビューを閲覧してください!

感覚的に、パッパッと直線を引けます!

パラメータ

パラメータは3つだけ! 非常にシンプルですが、とても使いやすいです。
パラメータは3つだけ! 非常にシンプルですが、とても使いやすいです。

パラメータは3つだけ! 非常にシンプルですが、とても使いやすいです。

認識距離(DISTANCE)

『認識距離』が、このブラシの肝です。

このブラシは、描きだしからペンを動かしている際に、『認識距離』を超えたときの角度にスナップする直線を描くものです。

値を減らすと短い位置でスナップするようになり、値を増やすと長い位置でスナップするようになります。

この時、認識距離に到達しないままペンを離しても、その位置まで直線を描きます。

認識距離を小さくすると、描き方によってはあらぬ方向へ直線が引かれてしまうことがあります。

ですので、通常は少し大きめの値(50~80)ぐらいがお勧めです。

また、

画面を大きくズームしている状態で、

認識距離を大きくしていると、その位置に到達するまでは、ブラシの描画がされません。

ですので、キャンバスをズームして描くときは、認識距離を減らして使います。

ただし、ペンを離せば即座に描かれるので、気にせずに大きめの値で使っていてもいいでしょう。

幅ずらし(WIDTH_RAND)

『幅ずらし』は、ペン幅をずらす機能です。

言葉で説明しづらいので、調整してみて感覚的に理解してください(*’ω’*)。

位置ずらし(DISTANCE_RAND)

『位置ずらし』は、散布をおこなう機能です。

この値を調整して、様々なペン質を表現できます。

  • 「0」にすると通常のペンになる
  • 「1-2」にするとアナログペン風になる
  • 「3-10」にするとエアブラシ風(散布)になる

Ver 0.0.2

詳細は以下の記事をお読みください。

直線描画に革命!?SDLに機能追加!Ver0.0.2を公開!
みなさんこんにちは! ガノー(Ganohr)です! (≧▽≦) 今回は、前回公開したSDLに機能追加しましたので紹介します! 更新履歴 2018/01/05 公開

次ページにサンプルと、入手方法を掲載します。