Letsブラスク! ブラシスクリプトの一番簡単な例を試そう!

おすすめ記事

おすすめ記事
 

みなさんこんにちは! Let’sブラスク!の第五弾。

今回のテーマは、

一番簡単なブラシスクリプトの例をつくって試そう!

です。

今回はちょっと難しいですよ! でもこれを乗り越えれば一気に前へ進めます! 心してついてきてくださいね!

まずエディターを起動する

ブラシスクリプト’(解説)の中身は通常のテキストファイルです。おつかいのテキストエディターを起動してください。

もしもまだテキストエディターを準備していなければ、前回の記事を参照してくださいね!

Windows付属の‘メモ帳’(notepad.exe)じゃダメですよ!

Letsブラスク! ブラシスクリプトを編集するための環境をつくろう!
みなさんこんにちは! Let'sブラスク!の第三弾。今回のテーマは、ブラシスクリプトを編集できる環境をつくろう!です。今回はPC(Windows)を対象にしています。Macユーザーは適宜環境構築をお願いします。更新履歴2017/08...

エディターに4行だけ書こう!

それでは、実際に以下の内容をテキストエディタに入力してみましょう!

この内容を「一番簡単なブラシ例.bs」として入力して、保存してください! コピペ禁止! 必ずあなたのためになるので是非入力してね!!
この内容を「一番簡単なブラシ例.bs」として入力して、保存してください! コピペ禁止! 必ずあなたのためになるので是非入力してね!!

この内容を「一番簡単なブラシ例.bs」として入力して、保存してください! コピペ禁止! 必ずあなたのためになるので是非入力してね!!

これは画像です。

そう、

ちゃんと目でみて、ちゃんと自力で入力してくださいね!

メンドウなんて言ってちゃダメ!!

たったの4行ですよ!!!

凝ったブラシを作ろうとすると、100行も、1000行も入力することもあるのです!

プログラムを覚えるには、‘トライ&エラー’(実行と失敗)が大切です!

特に一番最初は、何も考えずに

  • プログラムを入力する
  • 入力した内容を実行し失敗する
  • 何度も繰り返すと、ついに実行できる

そんな体験をしてほしいのです。

入力した内容を保存しよう!

入力した内容を、実際につかうためにもファイルに保存します。

秀丸の場合

以下の記事を読みながら、ファイルに名前を付けて保存します。ファイル名は「一番簡単なブラシ例.bs」としてください。保存場所は、今回は説明のために「デスクトップ」へ保存してください。

秀丸エディタでUTF-8、BOMなしで保存する方法
みなさんこんにちは! これは「Let'sブラスク!」の補足用のコンテンツです!タイトル通り、「秀丸エディタでUTF-8、BOMなしで保存する方法」を解説します!↓ Let'sブラスク! の目次はこちらから ↓

TeraPadの場合

ファイル名は「一番簡単なブラシ例.bs」とし、保存場所は、今回は説明のために「デスクトップ」へ保存してください。

※詳細は準備中です。

そのほかの場合

ファイル名は「一番簡単なブラシ例.bs」とし、おつかいのソフトの保存方法にしたがって保存してください。保存場所は、今回は説明のために「デスクトップ」へ保存してください。

実際につくったブラシをつかってみよう

では、今つくった「一番簡単なブラシ例.bs」を、自分が使用しているソフトに登録してみてください。

上手くインストールできれば成功です! 実際に使ってみましょう!!

自作した「一番簡単なブラシ例.bs」をインストール中。この画面が出れば成功ですよ!
自作した「一番簡単なブラシ例.bs」をインストール中。この画面が出れば成功ですよ!

自作した「一番簡単なブラシ例.bs」をインストール中。この画面が出れば成功ですよ!

ブラシパレットに登録した様子。いい感じ♪
ブラシパレットに登録した様子。いい感じ♪

ブラシパレットに登録した様子。いい感じ♪

実際に使用することができますよ!
実際に使用することができますよ!

実際に使用することができますよ!

エラーが出る場合

もしも以下のようなエラーが出た場合。何らかの作業で間違いがあります。

あれ!? エラーが出ちゃう! ブラシスクリプトを作っているとこのような画面によく遭遇します! びっくりしないでね!
あれ!? エラーが出ちゃう! ブラシスクリプトを作っているとこのような画面によく遭遇します! びっくりしないでね!

あれ!? エラーが出ちゃう! ブラシスクリプトを作っているとこのような画面によく遭遇します! びっくりしないでね!

以下の手順を実践し、ミスを直しましょう!

ポイント
自作のブラシスクリプトがインストールできない場合の対処法

  • UTF-8、BOMなしで保存しているか確認する
  • 一言一句すべてに間違いがないか確認する
  • 記号・数字・英字が、すべて半角文字であるか確認する
  • 全角スペースをつかってないか確認する
  • 異なる記号をつかってないか確認する
  • * main(x, y, p)において、間の文字を区切っている記号は「ピリオド」(.)ではなく「カンマ」(,)です。
  • * bs_pixel_setの「_」(アンダーバー・アンダースコア)は、Shiftキーとひらがなの「ろ」が書いてあるキーを同時に押して入力します。マイナス記号「-」になってませんか?
  • * 行末に「下矢印記号」(↓)を書いていませんか? これは不要ですので、もしも書いている場合削除してください。
  • * 行頭に数字を書いていませんか? これは不要ですので、もしも書いている場合削除してください。
  • * 画像でピンク色になっているのは数値です。ゼロ(0)を半角大文字のオー(O)にしていませんか?
  • * bs_pixel_setや、returnという文字の前には「 」(半角スペース)を2個連続で書きます。日本語の「 」(全角スペース記号)を書いていませんか?

初めてブラシスクリプトを作る方で、エラーが出ちゃった方は確認してくださいね! わからなかったらコメントへどうぞ!
初めてブラシスクリプトを作る方で、エラーが出ちゃった方は確認してくださいね! わからなかったらコメントへどうぞ!

初めてブラシスクリプトを作る方で、エラーが出ちゃった方は確認してくださいね! わからなかったらコメントへどうぞ!

次回へ続く

今回は実際にブラシスクリプトをつくってみました。

他のサイトと違って、当サイトのプログラミング講座は実践重視です。ですので、複雑な理論を体験を通して自然と身につけられます! 安心して講座を読み進めてくださいね!

次回は、今つくったブラシを少しだけ変更してみるとどうなるか、経験してみましょう!

ぜひとも連載の続きは、以下のリンクからご覧ください!

↓ 次回の内容はこちらから ↓

Letsブラスク! ブラシスクリプトの中身を変えて挙動の変化をみよう!
みなさんこんにちは! Let'sブラスク!の第六弾。今回のテーマは、前回つくったブラシを、改造しながら挙動の変化を試そう!です。今回は前回よりも簡単ですよ! ですので、ぜひ、ちゃんと実践してくださいね!

↓ Let’sブラスク! の目次はこちらから ↓

Letsブラスク! オリジナルのブラシをつくろう!
みなさんこんにちは! 今回から連載を始める「Let's try Brush Script!」。‘mdiappファミリー’(解説)でつかえるオリジナルブラシの作り方をていねいに解説する講座です!堅苦しい挨拶はやめて、あなたもさぁ! Let'sブラスク!コンテンツトップ ※ 現状は未定の内容を含みます。Let'sブラスク! 初級編 - 基礎を経験を通して学ぶブラシスクリプトって何? ブラシスクリプトをつかってみよう! ブラシスクリ...