Letsブラスク! ブラシスクリプトの中をみてみよう!

おすすめ記事

おすすめ記事
 

みなさんこんにちは! Let’sブラスク!の第四弾。

今回のテーマは、

ブラシスクリプトの中身を実際にみてみよう!

です。

さぁ、ここから本題です! Let’sブラスク!

トキペンの中身をみてみよう!

まず、以前ダウンロードしたトキペンの中身をみてみましょう。

もしもあなたがトキペンをダウンロードしていない場合、前回の記事からダウンロードをお願いします!

そして、それぞれのエディターで開いてみてくださいね!

Letsブラスク! ブラシスクリプトをつかってみよう!
みなさんこんにちは! Let'sブラスク!の第二弾。今回のテーマは、ブラシスクリプトを実際につかってみよう!です。既にブラシスクリプトを使用している方も、次回以降の解説で今回紹介しているブラシスクリプトをつかいますので、ダウンロードしておいてくださいね!

ブラシスクリプト「トキペン-ペン入れ用.bs」をエディターで開いたところ。
ブラシスクリプト「トキペン-ペン入れ用.bs」をエディターで開いたところ。

ブラシスクリプト「トキペン-ペン入れ用.bs」をエディターで開いたところ。

秀丸で中をみる場合

以下の手順でファイルを開きます。

ポイント
秀丸でのブラシスクリプトの開き方

  • 秀丸を起動する
  • ファイル→開く→「トキペン.bs」を開く

※ もしもより詳細な手順が知りたい方は、以下の記事をお読みください。

秀丸エディタでブラシスクリプトを開く3つの手順
みなさんこんにちは! これは「Let'sブラスク!」の補足用のコンテンツです!タイトル通り、「秀丸エディタで開く方法」を3つ解説します!↓ Let'sブラスク! の目次はこちらから ↓

その他のソフトでみる場合

ブラシスクリプト’(解説)の中身はテキストファイルです。「UTF-8、BOMなし」がつかえるテキストエディターであれば、どんなソフトをつかっていてもかまいません。

通常のテキストファイルとして開いてください。

アルペンの中身をみてみよう!

では今度は、ダウンロードしたアルペンの中身をみてみましょう。エディターは何でもいいですよ!

ダウンロードした「アルペン.bs」の中身を見たところ。なんか難しいです!! そういう形式もあるんですね~。
ダウンロードした「アルペン.bs」の中身を見たところ。なんか難しいです!! そういう形式もあるんですね~。

ダウンロードした「アルペン.bs」の中身を見たところ。なんか難しいです!! そういう形式もあるんですね~。

長々と、何やら「英語っぽい文字の羅列」や、数字、記号などがありますね。

な、何を書いているのか、よくわらないぜ!

そんな言葉を言いたくなります。

このように、

  • ブラシスクリプトの中身が分かりやすい形式
  • ブラシスクリプトの中身がよくわからない形式

といった、両方があるとわかりました。今後の講座では「ブラシスクリプトの中身が分かりやすい形式」を対象にして解説していきます!

次回へ続く

今回は実際にブラシスクリプトの中をみました。

比較的分かりやすいものと、分かりにくいものの2つがあると分かりました。今後は「比較的分かりやすいもの」を作っていくのですね。

次回は、一番簡単な例を実際に作っていきます!

ぜひとも連載の続きは、以下のリンクからご覧ください!

↓ 次回の内容はこちらから ↓

Letsブラスク! ブラシスクリプトの一番簡単な例を試そう!
みなさんこんにちは! Let'sブラスク!の第五弾。今回のテーマは、一番簡単なブラシスクリプトの例をつくって試そう!です。今回はちょっと難しいですよ! でもこれを乗り越えれば一気に前へ進めます! 心してついてきてくださいね!

↓ Let’sブラスク! の目次はこちらから ↓

Letsブラスク! オリジナルのブラシをつくろう!
みなさんこんにちは! 今回から連載を始める「Let's try Brush Script!」。‘mdiappファミリー’(解説)でつかえるオリジナルブラシの作り方をていねいに解説する講座です!堅苦しい挨拶はやめて、あなたもさぁ! Let'sブラスク!コンテンツトップ ※ 現状は未定の内容を含みます。Let'sブラスク! 初級編 - 基礎を経験を通して学ぶブラシスクリプトって何? ブラシスクリプトをつかってみよう! ブラシスクリ...