Letsブラスク! ブラシスクリプトって何?

おすすめ記事

おすすめ記事
 

みなさんこんにちは! Let’sブラスク!の第一弾。

そもそも、

ブラシスクリプトとは何でしょうか

という話が今回のテーマです。

更新履歴
2017/08/24 リンクや文言の修正
2017/08/21 公開

そもそも、なぜブラシスクリプトをつくるのか

そもそもなぜ、自分でブラシスクリプトをつくるのでしょうか。

mdiappファミリー’(解説)では、あらかじめ用意した画像をつかって、簡単にオリジナルのブラシをつくることができます。

ではなぜ、あえてブラシスクリプトをつくる必要があるのでしょうか。以下にポイントとして挙げておきますが、今後この「Let’sブラスク!」を通して解説していくので、ざっくりと「そういうものなのか」とでも理解すれば問題ありません。

ポイント
なぜあえてブラシスクリプトをつくるのか

  1. 画像をつかったブラシと異なり、計算を入れ込むことができる
  2. 画像をつかったブラシと異なり、様々な内容を一度に連続しておこなえる
  3. 要は、画像をつかったブラシより、自由になんでもできる

ブラシスクリプトとは何か

続けて、「ブラシスクリプトとはそもそも何か」を解説します。

ブラシスクリプト’とは、読んで字のごとく。ブラシ用のスクリプトです。

とくに、mdiappファミリーと呼ばれる‘ペイントソフト’でつかえる、「オリジナルのブラシ」のことです。

このブラシスクリプトは、内部を‘Lua’(ルア、SiteWikipedia)と呼ばれる、一種のプログラミング言語をつかって書きます。

スクリプト’というのが、コンピュータの世界では「比較的簡単なプログラミング言語」のことを指しています。語源は「書物」の意味です。

プログラミング言語?? なんだか難しそう…。

いえいえ、そんなことありません!

プログラミング言語ヽヽというのですから、その通り。「言葉」をつかって中身を書いていきます。この中身には、「パソコンやソフト」に対しての命令が書いてあります。

これはなんら難しいことではありません。

ポイント
ブラシスクリプトの中身のイメージ

  1. ペイントソフトが、私(ブラシスクリプト)に描画しろと命令してきました。
  2. しょうがないので、私はパラメータの値を取得しました。
  3. めんどうくさいけど、私はその値をつかって、円を描きました。

たったコレだけです!

もちろん、実際はこんなふうに、「しょうがない」とか「めんどうくさい」なんて感情的なことは思いません。淡々と、「書かれている命令」を、順序よくこなしてくれます。

このときの、命令を書く言葉が「Lua」だというだけです。

次回へ続く

今回はこれで終わりです! 簡単でしょう?

お読みいただいている「Let’sブラスク!」は、短く分かりやすい、端的な解説を心がけています。

ぜひとも連載の続きは、以下のリンクからご覧ください!

↓ 次回の内容はこちらから ↓

Letsブラスク! ブラシスクリプトをつかってみよう!
みなさんこんにちは! Let'sブラスク!の第二弾。今回のテーマは、ブラシスクリプトを実際につかってみよう!です。既にブラシスクリプトを使用している方も、次回以降の解説で今回紹介しているブラシスクリプトをつかいますので、ダウンロードしておいてくださいね!

↓ Let’sブラスク! の目次はこちらから ↓

Letsブラスク! オリジナルのブラシをつくろう!
みなさんこんにちは! 今回から連載を始める「Let's try Brush Script!」。‘mdiappファミリー’(解説)でつかえるオリジナルブラシの作り方をていねいに解説する講座です!堅苦しい挨拶はやめて、あなたもさぁ! Let'sブラスク!コンテンツトップ ※ 現状は未定の内容を含みます。Let'sブラスク! 初級編 - 基礎を経験を通して学ぶブラシスクリプトって何? ブラシスクリプトをつかってみよう! ブラシスクリ...